JR東日本千葉支社と幕張新都心拡大地区新駅設置協議会は、「幕張新都心拡大地区新駅設置に関する基本協定書」を4月20日に締結した。

新駅は京葉線の新習志野駅と海浜幕張駅間のほぼ中間点に設置する。下りホームは1階、上りホームは2階に位置し、駅舎は線路の南側に設ける。自由通路も設置する。事業費は、新駅は約130億円、自由通路は約50億円。概算工期は新駅は約6年、自由通路は約7年を見込んでいる。

JR東日本では設計と工事費の6分の1を負担する。開業時期と新駅の名称は今後決定する。

情報提供元:Traicy
記事名:「京葉線に新駅設置、JR東日本や千葉県らが合意