国土交通省航空局は、羽田空港国際線ターミナルの保安検査場に「CT(Computed Tomography)型機内持ち込み手荷物検査用X線検査装置」を設置し、4月19日午後1時より運用を開始する。

これまでのX線検査装置では使用されていなかったCT技術によって、全方向からモニターで確認できる画像を生成できることから、従来の装置よりも高い検知能力や画像処理能力を持つという。従来の装置との相違点を確認し、運用の影響を検証することを予定している。これにより保安検査の円滑化とともに、厳格化が実現できるとしている。

設置場所は出発・乗り継ぎの保安検査場。装置は東京国際空港ターミナルが設置し、航空会社が運用する。国土交通省航空局は整備費用を全額負担した。

情報提供元:Traicy
記事名:「羽田空港国際線ターミナルに新型X線検査装置 CT技術で全方向からモニターで確認可能に