フジドリームエアラインズ

フジドリームエアラインズは、保有する4号機(エンブラエルERJ170型機)への連続式耐空証明書を4月6日付けで取得した。大手航空会社のグループに属さない独立系リージョナルエアラインとしては、連続式耐空証明書の取得は日本初となる。

耐空証明は、航空機の安全性を確保するための強度、構造、性能等の基準に適合していることを国土交通省が検査・証明するもので、有効期間は1年。毎年1回更新が必要となるため、これまでは1機あたり年間3日から4日程度の整備運休が必要だった。このほど連続式耐空証明を取得したことにより、耐空証明の有効期間が「整備規程の適用を受けている期間」に変更となり、これまで毎年1回義務付けられていた更新耐空証明検査の受検が不要となる。

今後は4号機以外の機体においても、耐空証明の更新時に連続式耐空証明へ切り替えを行い、約1年で同社が保有する全12機で取得する予定。これにより年間約30日程度発生していた整備運休が無くなり、安定した航空サービスの提供とお客様の利便性向上に繋げることができるとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「フジドリームエアラインズ、連続式耐空証明書取得 独立系リージョナル航空会社として日本初