日本航空(JAL)は、ソニーモバイルコミュニケーションズと協力し、機内での客室乗務員間のコミュニケーションにスマートデバイスを活用した実証実験を、4月下旬以降開始する。

ソニーモバイルコミュニケーションズ製のワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」を使用し、グループチャット機能を使用して客室乗務員間で瞬時に情報共有を図る。これまでは固定されたインターフォンか、口頭で行っていた情報共有を瞬時に行うことが可能となり、業務効率が改善されることが期待されるとしている。

通信はヘッドセットとワイヤレスで接続したスマートフォンをベースに行い、ソニーモバイルコミュニケーションズは客室乗務員の業務を想定した専用ソフトウェアを使用する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JAL、スマートデバイスを客室乗務員のコミュニケーションに活用する実証実験 4月下旬から