カタール航空は、5月1日よりカーディフに中東の航空会社として初めて就航する。

カーディフはイギリス・ウェールズの首都で、多くの博物館があるほか、展覧会やスタジアムでのイベントも行われている。多くの旅行者はロンドンからカーディフへ地上移動を行っているものの、カタール航空の乗り入れによって効率的な周遊ができるようになる。

機材はビジネスクラス22席、エコノミークラス232席の計254席を配置した、ボーイング787-8型機を使用して毎日運航する。

カタール航空は、ロンドン/ヒースロー、マンチェスター、バーミンガム、エディンバラを含む、イギリスの5都市に就航することになる。

■ダイヤ

QR323 ドーハ(01:15)〜カーディフ(06:40)/火・木・日

QR321 ドーハ(07:25)〜カーディフ(12:50)/月・水・金・土

QR324 カーディフ(08:10)〜ドーハ(17:05)/火・木・日

QR322 カーディフ(15:55)〜ドーハ(00:50+1)/月・水・金・土

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「カタール航空、カーディフに就航 5月から