香港政府観光局は、3月27日、元SMAPの香取慎吾さんが香港島の中環(セントラル)に、初めてとなるストリート・アート作品「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」を完成させたと発表し、お披露目セレモニーを開催した。

2017年にテレビ番組の撮影で香取慎吾さんがオールド・タウン・セントラルエリアのストリート・アートを訪問したことをきっかけに、香港政府観光局が作品の制作を依頼し、実現した。世界一長いエスカレーターとしても知られるミッドレベルエスカレーターの側面、Shelley Street(些利街/シェリーストリート)に描かれており、制作は3月24日から27日の深夜から早朝にかけて行われた。

香取慎吾さんは、「初めて香港で映画を撮影した20年前から香港では広東語で「大口仔(大きなお口の男の子)」というニックネームで呼ばれています。20年後に龍になって香港に戻ってきた、という意味を込めてこの絵をかきました。」とコメントした。

オールド・タウン・セントラルエリアは、壁面のアートが旅行者やインスタグラマーに人気の、今話題のスポット。香港政府観光局では、香港政府観光局公式サイトやソーシャルメディア、ショートビデオでアートの魅力を紹介し、「#香港慎吾アート」「#hkshingoart」というハッシュタグでSNSへの投稿を呼びかける。

情報提供元:Traicy
記事名:「香港・中環のオールド・タウン・セントラルに、香取慎吾さんがストリートアート制作