日本航空(JAL)とハワイアン航空は3月25日より、共同運航(コードシェア)およびラウンジの相互利用を開始した。これに伴い、ハワイアン航空は成田空港での使用ターミナルを第1ターミナルから第2ターミナルに変更した。

これらは両社が2017年9月26日に合意した包括的業務提携の第1弾として行うもの。コードシェアの対象路線は、双方が運航する日本とホノルル・コナを結ぶ路線、ハワイアン航空が運航するハワイ州内路線、JALが運航するハワイアン航空便と乗り継ぎ可能な日本国内線とアジア路線。両社は将来的に共同事業も検討している。

コードシェア便においては、ホノルル国際空港ではハワイアン航空が運営するプルメリアラウンジとプレミアクラブ、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港ではJALが運営するサクララウンジ、新千歳空港ではロイヤルラウンジの利用ができるようになった。

日本航空の代表取締役副社長の藤田直志氏は、「ハワイアン航空は2019年に90周年を迎えるハワイで一番の老舗の航空会社。日本航空も1954年から64年間(日本とハワイを結ぶ)フライトを飛ばしている。お互いにハワイをよく知っている航空会社同士が提携することで、お客様の利便性やスケジュールなどをより良くできるという思いがあり提携を決断した」と話す。コードシェアを機に、今後は日本からハワイへの送客だけでなく、ハワイから日本への誘客も増やしていきたいという。

コードシェア初日となった25日には、成田空港において、午後8時発ホノルル行きJL786便(HA5395)および午後9時発ホノルル行きHA822(JL6406)便の出発に合わせて、記念イベントが行われた。

イベントでは、この日のためにハワイからやってきたハワイアン航空のセレネイダーズ・アンド・ダンサーズが歌とダンスを披露。日本人観光客も多いハワイ島の港町、ヒロにゆかりのある曲など、日本人に親しみを持ってもらえるような曲を選んだという。搭乗客には、両社の客室乗務員らからハワイ産ククイナッツのレイと記念の枡が配られた。

ハワイアン航空のテオ・パナジオトゥリアス上席副社長は「このパートナーシップにより、みなさまのご旅行がさらに便利になることを大変嬉しく思います。Mahalo(ありがとうございます)!」と話した。

JL786便は乗客201人(うち幼児4人)、HA822便は乗客280人(うち幼児4人)を乗せ、ホノルルへ出発した。

■関連記事 ハワイアン航空、成田国際空港の発着ターミナル変更 3月25日から

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとハワイアン航空、業務提携開始 コードシェア初便が出発