日本航空(JAL)とハワイアン航空は、3月25日より共同運航(コードシェア)とラウンジの相互利用を開始する。両社は将来的に共同事業の検討を行うとしており、包括的提携の第1弾として行うもの。

対象路線は、JALとハワイアン航空が運航する日本とホノルル・コナを結ぶ路線、ハワイアン航空が運航するハワイ州内路線、JALが運航するハワイアン航空便と乗り継ぎ可能な日本国内線とアジア路線となる。ハワイアン航空運航便利用時には、JALマイレージバンクの上級会員専用カウンター、受託手荷物の優待、手荷物の優先取扱いのサービスを行わない。

また、ホノルル国際空港ではハワイアン航空が運営するプルメリアラウンジとプレミアクラブ、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港ではJALが運営するサクララウンジ、新千歳空港ではロイヤルラウンジの利用ができるようになる。

同日からは、ハワイアン航空の成田国際空港での発着ターミナルを、現在の第1ターミナル北ウイングから第2ターミナルに移転する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JALとハワイアン航空、3月25日からコードシェア ラウンジ相互利用も