イギリスに拠点を置く、航空格付け会社のスカイトラックス社は、「ワールド・エアポート・アワード(World Airport Awards)」を、現地時間3月21日に、ストックホルムで発表した。

トップは6年連続でシンガポールのチャンギ国際空港だった。チャンギ国際空港は、2017年に第4ターミナルをオープンしたほか、第1ターミナルの改修も行うなど、改善を続けている。自動手荷物預け機や出入国の自動化など、最新のプロダクトも積極的に取り入れ、利用者の待ち時間の短縮につながっている。2位には昨年3位だった仁川国際空港が選ばれた。

日本の空港ではトップ10に、3位に羽田空港(前年2位)、7位に中部国際空港(同7位)が入った。成田国際空港は11位(同14位)、関西国際空港は13位(同12位)、福岡空港は100位(同103位)だった。

■ランキング

1,チャンギ国際空港

2,仁川国際空港

3,東京国際空港(羽田空港)

4,香港国際空港

5,ハマド国際空港

6,ミュンヘン国際空港

7,中部国際空港

8,ロンドン・ヒースロー空港

9,チューリッヒ空港

10,フランクフルト国際空港

情報提供元:Traicy
記事名:「世界最高の空港、6年連続でシンガポール・チャンギ国際空港 羽田は3位、中部は7位