シンガポール航空(ボーイング787-10型機)

シンガポール航空は、大阪/関西〜シンガポール線へのボーイング787-10型機の投入開始日を、5月3日に決定した。

シンガポール航空のボーイング787-10型機は、ビジネスクラス36席、エコノミークラス301席の計337席を配置している。新しい地域路線用機内プロダクトを搭載しており、主に中距離国際線への投入を予定している。ボーイング787-10型機を世界で初めて導入するローンチカスタマーで、定期便の初投入は大阪/関西線となる。

就航を記念して5月から6月まで、シンガポール航空の「インターナショナル・カリナリー・パネル(ICP)」のメンバーである、「菊乃井」の村田吉弘氏が特別に考案したメニューを、大阪/関西発のSQ619便のエコノミークラスでも提供する。

シンガポール航空(ボーイング787-10型機)

シンガポール航空は、大阪/関西〜シンガポール線を1日2便運航しており、2018年下期を目途に全便をボーイング787-10型機での運航に切り替えることを予定している。さらに、2018年中に、東京、名古屋、福岡線への導入も見込んでいる。

シンガポール航空のデイヴィッド・ラウ日本支社長は、「当社の最新の地域路線用プロダクトを搭載し世界で最も新しいボーイング787-10、世界初の就航地として、今後さらなる発展が期待される日本がベストな選択だと考えており、その導入を大阪より開始出来ることを心より嬉しく存じます。今回の導入は、業界のリーダーとして継続的なプロダクト・イノベーションを通じて、お客様によりプレミアムな空の旅をお楽しみいただくという当社の取り組みの一環です。」とコメントしている。

■ダイヤ

SQ619 大阪/関西(10:55)〜シンガポール(16:40)

SQ618 シンガポール(01:25)〜大阪/関西(09:05)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シンガポール航空、ボーイング787-10型機の大阪/関西線投入を5月3日からに決定 東京・名古屋・福岡にも年内投入へ