成田国際空港は、第1ターミナルと第2ターミナルの国際線保安検査場のリニューアルを行う。

保安検査場の面積を2倍に拡張し、検査レーンを増設・長尺化する。開放感を演出するため明るさ感を改善するほか、わかりやすくストレスを感じない保安検査場のサイン環境を構築する。床材などの内装も改修する。

スマートセキュリティレーンも導入する。複数の利用者が同時に準備し、準備ができた人から保安検査に進むことことができる。荷物は自動で搬送され、再検査が必要な荷物は自動で仕分けられる。レーンの長さは従来の10メートルから18メートルに長くなる。

これにより、利用者の待ち時間やストレスの軽減、取扱処理能力の向上による混雑緩和を図る。2019年度中の完成を目指す。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「成田国際空港、保安検査場リニューアル スマートセキュリティレーン導入