チャイナエアラインは、4月1日以降出発分の台湾行きを対象に、公式ウェブサイト限定運賃を設定した。2月22日より販売を開始する。

設定路線と往復運賃は、沖縄/那覇・石垣発は20,000円から、東京/成田・静岡・富山・名古屋/中部発は27,000円から、福岡・熊本・宮崎・鹿児島発は29,000円から、札幌/千歳・東京/羽田発は30,000円から、高松発は35,000円から、広島発は38,000円から。共同運航(コードシェア)便など一部便は対象外となる。燃油サーチャージや諸税、ピークデーサーチャージは別途必要となる。

対象となる搭乗期間は4月1日から2019年3月23日まで、繁忙期の一部は対象外となる。予約クラスは「N」、旅行期間は2泊以上10泊以内。購入期限は出発3日前まで。予約変更や発券後の払い戻しはできない。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「チャイナエアライン、4月以降の公式ウェブサイト限定運賃を設定 往復2万円から