シルクエアーは、ランカウイ、プカンバル、カリボとシンガポールを結ぶ3路線をスクートに移管すると発表した。

シンガポール〜ランカウイ線は4月8日、シンガポール〜プカンバル線は5月30日、シンガポール〜カリボ線は6月28日から、スクートでの運航を開始する。シルクエアーではそれぞれ週3便を運航している。

スクートはすでに、タイガーエアとの合併によってシンガポール〜ランカウイ線を週3便、シンガポール〜カリボ線を週4便運航している。プカンバルへの乗り入れは初めてとなり、航空券の販売は政府認可取得後の2018年第1四半期内を予定している。

スクートは、2月にクアンタン、6月にベルリンへ就航することをすでに発表しており、18カ国の66都市にネットワークを拡大する。シルクエアーは引き続き、マレーシアはコタキナバル、クアラルンプール、ペナンの3都市、インドネシアはバリクパパン、バンドン、デンパサール、ロンボク、マカッサル、マナド、メダン、スマラン、スラバヤ、ジョグジャカルタの10都市、フィリピンはセブ、ダバオの2都市へのネットワークを維持する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「シルクエアー、ランカウイ・プカンバル・カリボ〜シンガポール線をスクートへ移管