オリエンタルランドは、「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」の年間パスポートの利用条件を、3月1日より変更する。

3月1日以降に販売する年間パスポートより、使用不可日を新たに設ける。2018年は8月12日〜14日、10月6日〜8日、11月23日・24日、12月8日・9日・29日・30日。2019年は3月8日〜31日、8月12日〜14日が利用不可日となる。使用不可日は1月、4月、7月、10月の月初めに、3ヶ月分を発表する。また、入園制限中のパークでは使用できない。年間パスポートの引換券は、3月1日以降販売分より購入日から2ヶ月間となる。

これに伴い、年間パスポートの料金を値下げする。大人は2パーク年間パスポートは89,000円、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの年間パスポートは61,000円に、それぞれ4,000円、2,000円値下げとなる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、年間パスポートに使用不可日設定 価格は値下げ