ニュージーランド航空は、ニュージーランド国内の観光スポットを絵文字で検索するオンライン・プラットフォーム「#絵文字ジャーニー」を発表した。

ニュージーランド航空公式FacebookおよびTwitter内の「#絵文字ジャーニー」の記事に、ニュージーランドで体験してみたい休暇をイメージした絵文字をコメントすることで、アクティビティや観光スポットを提案するニュージーランドの地図が自動的に作成される。地図上の絵文字をクリックすると、ルアペフでのスキー、ロトルアでのラフティング、カイコウラでのホエールウォッチング、ニュープリマスを代表するアート建築のレン・ライ・センターといった流行のグルメスポット、ショッピング、芸術・文化、アドベンチャー体験、アウトドア関連などの絵文字に関連するそれぞれのスポットの詳細情報が表示される。

ニュージーランド航空グローバル・ブランド&コンテンツ・マーケティング担当ジェネラル・マネージャーのジョディ・ウィリアムス氏は、「ニュージーランド航空は、常に顧客満足度の向上に努め、またイノベーションの最前線に立つべく尽力しています。この最新の「#絵文字ジャーニー」は英語、日本語、ドイツ語、中国語にて順次展開し、海外のお客様のニュージーランド旅行への意欲をかき立てるのみならず、Kiwi(ニュージーランド人)にとっても自国の地域を再発見するきっかけとなることを期待しています。」とコメントしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ニュージーランド航空、観光スポットを絵文字で検索できる「#絵文字ジャーニー」発表