阪急電鉄と阪急阪神ビルマネジメントは、阪急三番街の北館地下2階を、新しく飲食エリア「UMEDA FOOD HALL(ウメダフードホール)」として3月28日にリニューアルオープンする。

「個性溢れる5つのゾーンで「食」を楽しめるワンランク上のダイニング」をコンセプトに、「バル」「美食」「お手軽」「スタミナフード」「スイーツ」といった5つのゾーンに、ワインと相性抜群の煮込み料理をメインとする創作フレンチ「ragout(ラグー)」や、自社生産のお米を使ったリゾット専門店「お米料理 リゾット☆スター」、クロワッサンが有名なカフェ「&COFFEE MAISON KAYSER」など、全国初出店・関西初出店等の11店舗を含む全18店舗、約1,000席を設ける。カウンター席、スタンディング席、ソファー席を取り入れたほか、ビッグテーブルを配置したことで、1人から大人数までに対応する。

営業時間は午前10時から午後11時まで、店舗による営業時間が異なる場合がある。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大阪・梅田の阪急三番街に飲食エリア「UMEDA FOOD HALL」が3月28日オープン