力の源ホールディングス傘下のCHIKARANOMOTO GLOBAL HOLDINGSは、タイのラインセンスパートナーであるFOODXCITE COMPANYと、タイ・バンコクに新たに3店舗をオープンした。

オープンしたのはセントラルバンナー店、メガバンナー店、エムクォーティエ店の3店舗で、いずれも大型ショッピングセンター内に位置している。セントラルバンナー店とエムクォーティエ店は38席のラーメンハウス型、メガバンナー店は92席を有するラーメンダイニング型で、立地や特性に合わせてメニューを構成した。ラーメンダイニング型の店舗では、日本にはない「炙りガーリックサーモン寿司」や、「石焼うなぎ丼」など、ラーメン以外の一品料理も充実させた。

3店舗ともに、白丸元味(200バーツ、約690円)、赤丸新味(220バーツ、約760円)、からか麺(230バーツ、約800円)、炙りサーモンロール明太マヨソース(6個240バーツ、約830円)で提供。セントラルバンナー店とエムクォーティエ店は一風堂博多餃子(90バーツ、約310円)、揚げたこ焼き(95バーツ、約330円)、メガバンナー店はつけ麺(250バーツ、約870円)、魚介豚骨(250バーツ、約870円)、鶏白丸(190バーツ、約660円)、炙りガーリックサーモン寿司(3貫180バーツ、約625円)、石焼うなぎ丼(300バーツ、約1.040円)も取り揃える。

一風堂は2014年8月にタイに進出。3店舗のオープンで運営店舗数は8店舗となる。

情報提供元:Traicy
記事名:「一風堂、バンコクに3店舗をオープン タイ国内で計8店舗展開