西武鉄道は、拝島線の有料座席指定車「拝島ライナー」の運行を3月10日に開始すると発表した。40000系電車のロング・クロスシート転換車両を使用して運行する。

「拝島ライナー」は、西部新宿~拝島間で夕方・夜間に下り方面のみの運行。停車駅は高田馬場、小平と、小平から先の各駅。高田馬場は乗車専用の停車駅となり、降車はできない。平日・土休日とも午後6時から午後10時まで1時間に1本運行し、西部新宿は毎時15分発、高田馬場は毎時18分発のダイヤとなっている。

利用には乗車券のほか、乗車前に指定券の購入が必要。指定料金は一律おとな300円、小児150円。事前に指定券を購入しないで乗車した場合は、所定の指定料金のほか200円の加算料金が必要となる。ただし、小平~西武立川間の各駅から乗車する場合は乗車券のみで空いている座席の利用が可能。

指定券は西武新宿、高田馬場、小平~拝島間各駅窓口のほか、西武新宿、高田馬場の指定券券売機、インターネットで予約・購入が可能。2月10日午前7時から販売を開始する。

情報提供元:Traicy
記事名:「西武鉄道、座席指定車「拝島ライナー」3月10日運行開始 料金一律300円