JR東海は、東海道新幹線と特急「ひだ」の車内と駅で無料Wi-Fiサービスを展開する。

東海道新幹線では、JR東海が保有するN700Aの全車両となる131編成2,096両で展開する。現在展開している、事前に事業者との契約が必要なWi-Fiサービスに加え、事前の契約が不要で無料で利用できるサービスを展開する。2018年夏から順次サービスを開始し、2019年度冬にも全車両で整備を完了する。携帯電話の電波を使用したサービスとなる。特急「ひだ」では、キハ85系の全80編成で2018年夏から順次サービスを開始し、2018年度末に全車両に整備する。

さらに、東海道新幹線の全駅と一部の在来線駅で提供している「JR-Central FREE Wi-Fi」も、現在の6駅から17駅に拡大する。利用できる駅は、東海道新幹線全17駅と、在来線の三島、沼津、富士、清水、静岡、掛川、愛野、浜松、豊橋、岡崎、刈谷、名古屋、岐阜、御殿場、富士宮、金山、高蔵寺、中津川、木曽福島、下呂、高山、飛驒古川、津、伊勢市の各駅で、改札口周辺に設置するアクセスポイント周辺で利用できる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東海、東海道新幹線のN700A全車両で無料Wi-Fiサービス 駅でのサービスも拡大