京浜急行電鉄は、沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューローと共同で、1月22日から2月28日まで「京急×沖縄フェア2018」を開催する。その一環で、1月22日から2月25日まで特別仕様にラッピングしたイベント列車「けいきゅん×マハエ号」を運行する。

「けいきゅん×マハエ号」は羽田空港の空をイメージした青い車体の600系車両。外装には沖縄の方言や、沖縄ならではのイラストを施し、沖縄観光親善使節の“花笠マハエ”ちゃんと“マハ朗”くんや、沖縄仕様の京浜急行電鉄マスコットキャラクター“けいきゅん”もあしらう。車内には「京急にのってつくる、沖縄ゆったり時間。」と題して食、文化、自然および観光地など沖縄の情報を紹介したポスターを一面に掲載する。

車両は、京浜急行線内のほか、相互乗り入れ運転を実施している都営浅草線、京成線、北総線にも乗り入れる。

⇒詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「京浜急行、「けいきゅん×マハエ号」を運行 1月22日から