米国の民間航空業界誌「Air Transport World(ATW)」は、エアライン・オブ・ザ・イヤー2018に全日空(ANA)を選出した。

エアライン・オブ・ザ・イヤーは、前年1年間に極めて優れた業績やサービスを提供したり、イノベーションを起こした航空会社に贈られる賞で、ANAは2007年、2013年に続く3回目の受賞。このほか日本の航空会社では、1980年と2002年に日本航空(JAL)が選ばれている。

ANAによると、直近1年間の財務実績や品質の高い顧客サービスの提供、最新テクノロジーの積極的な導入、北米路線の拡大に加え、4機のスターウォーズデザイン機を就航させるなどの斬新なアイディアが評価された。

授賞式は3月27日にアイルランド・ダブリンで開かれ、代表取締役社長の平子裕志氏が出席を予定している。

■関連記事 【フォトレポート】「C-3PO ANA JET」、伊丹空港で撮影会開催 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、ATWのエアライン・オブ・ザ・イヤーに選出 スターウォーズ塗装機など評価