キングジムは、離席時に荷物を見守るモニタリングアラーム「トレネ」を2月23日より販売する。

カフェなどで荷物を置いたまま離席をする際に、スマートフォンと連携して荷物の見守りをする機器で、荷物の上に「トレネ」を置き、スマートフォンを持ったまま「トレネ」から離れると、自動的に警戒状態となり、「トレネ」に振動が加わることで警告アラームが鳴り、LEDの光で知らせる仕組み。スマートフォンを持って「トレネ」に近づくことで、自動的に警戒状態は解除される。利用の際にはスマートフォンに「TRENE」アプリをインストールし、Bluetoothでペアリングする必要がある。対応OSは、iOS10以降とAndroid6.0以降。

価格は6,800円(税別)。重さは約18グラム、本体色はブラックのみ。連続使用時間は20時間で、充電時間は約2時間。2017年10月より行っていたクラウドファンディングでは、3時間で目標金額に達成し、目標金額の約10倍の資金を集めた。初年度販売目標は15,000台。

情報提供元:Traicy
記事名:「キングジム、離席時に荷物を見守るモニタリングアラーム「トレネ」発売