W OSAKA

マリオット・インターナショナルは、大阪・南船場に「W OSAKA」を2021年2月にオープンする。

建物は地上27階、地下1階、塔屋2階建てで、客室は「エクストリームWOWスイート」(1室)、「WOWスイート」(2室)などのスイート50室を含む337室と、レストランやバー「WOO Bar」、プール「WET Deck」、フィットネスセンター「FIT」、スパ「AWAY SPA」、400平方メートルのボールルームと会議室も備える。

積水ハウスが開発を行い、運営はマリオット・インターナショナルが担う。建築設計。監理は日建設計、設計顧問は安藤忠雄氏、建築施工は竹中工務店、インテリアデザインはオランダのConcrete Architectual Associatesが手掛ける。Wホテルの日本への進出は初めて。

梅田となんばの中間地点にあたる御堂筋沿いに位置する。マリオット・インターナショナルが運営するセントレジスホテル大阪にもほど近い。

マリオット・インターナショナルはアジア・太平洋地域では、2018年にクアラルンプールとブリスベン、2019年にムンバイ、三亜、沈陽、成都、長沙、西安、2020年にメルボルンに「Wホテル」をオープンすることを計画している。2020年までに世界で75軒のホテルを展開する見込み。

情報提供元:Traicy
記事名:「大阪・南船場に「W OSAKA」を2021年2月に開業 Wホテル日本初進出