平成エンタープライズは、バス車内でWi-Fiを活用した動画コンテンツの提供を開始した。

乗客はスマートフォンやタブレットをバス車内のWi-Fiに接続し、映画などの動画コンテンツを楽しむことができる。すでに東京と名古屋、大阪を結ぶ「VIPライナー」の一部車両には専用モニターで映画やオーディオブックなどのコンテンツを提供しているものの、専用モニターが付いていない車両でもコンテンツを楽しむことができるようになる。利用料金は無料。平成エンタープライズの調べでは、バス業界として日本で初めて。2017年12月より5車種10両で運用を開始している。

平成エンタープライズでは、東京・名古屋・京都・大阪の各拠点で「VIPラウンジ」、宿泊施設「わさび」、民泊事業、バスツアーなどの運営も手がけている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「平成エンタープライズ、バス車内でWi-Fiを活用し動画コンテンツ提供 業界初