ブリティッシュ・エアウェイズは、1月17日より長距離線エコノミークラス「World Traveller」の機内食を刷新する。

ウェルカムドリンクとともにプレッツェルを提供するほか、機内食は前菜、主菜、デザート、チーズの4コースのミールとクッキーをロールパン、水のボトルとともに提供する。さらに、マグナムのアイスクリーム、チョコレートやポテトチップスの入ったお菓子セット、日本線を含む長距離線ではスナックボックスなども提供する。

一例では、プレッツェルと飲み物を提供した後、クスクスサラダ、チキン・キャセロールのエールソース添え、コルカノンマッシュ、季節の野菜による4皿からなる機内食を提供する。さらにデザートとしてキャラメルチョコレートムースがクッキー、チーズとともに加わる。日中にロンドンを出発する便ではマグナムのアイスクリーム、夜間に出発する便ではお菓子セットを配布する。

さらに、路線ごとに発着地に合わせたメニューとして、東アジア〜ロンドン線ではチキンのスパイシーソース添えや中華粥、インド路線ではチャンナ豆とインド風料理、イドリ、サンバール、ウプマ、ドーサ、中東路線ではスパイシーなアラビックソースを添えたチキンなどを用意する。

これまでは、飛行時間や出発時間に合わせて、スナック、3コースミールか軽食、飲み物のサービスを行っていた。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ブリティッシュ・エアウェイズ、長距離線エコノミーの機内食刷新