エアアジアXは、クアラルンプール〜マレ線に2018年2月6日より就航する。

短距離線を運航するエアアジアは現在、エコノミークラス180席もしくは186席を配置したエアバスA320型機で、クアラルンプール〜マレ線を毎日運航している。就航するエアアジアX便を合わせると、週11便でクアラルンプールとマレ間を結ぶことになり、年間供給座席数は287,000席以上となる。従来より156,000席以上増加する。

プレミアムフラットベッド12席、エコノミークラス365席の計377席を配置した、エアバスA330-300型機を使用する。乗り継ぎサービスの「フライスルー」を利用することで、日本を含む各地からの乗り継ぎにも対応する。

プロモーション運賃として、エコノミークラスは199マレーシア・リンギットから、プレミアム・フラットベッドは699マレーシア・リンギットから販売する。搭乗期間は1月14日から5月6日まで。

■ダイヤ

D7178 クアラルンプール(08:40)〜マレ(09:55)/火・水・金・土

AK72 クアラルンプール(18:55)〜マレ(20:10)

D7179 マレ(11:10)〜クアラルンプール(18:40)/火・水・金・土

AK73 マレ(20:55)〜クアラルンプール(04:25+1)

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアアジアX、クアラルンプール〜マレ線に就航 週4便を運航