大江戸温泉物語グループは、「大江戸温泉物語 南紀串本」を4月27日にリニューアルオープンする。

2017年6月30日に完全子会社化した串本温泉ホテルが運営する、旧浦島ハーバービューホテルをリブランドするもの。旧浦島ハーバービューホテルは1974年に創業。建物は地下1階、地上5階建てで、客室数は120室。大江戸温泉物語グループ34施設目、和歌山県内では初のホテルとなる。リブランドに伴い、客室数は123室となる。

全室がオーシャンビューで、太平洋や紀伊大島、熊野灘を望む開放的な露天風呂やレストラン会場を新設。出来たての料理を提供するライブキッチンも設け、鯨カツや鱶の洗いなどの串本ならではの海の幸、紀州名物の高菜の浅漬けで巻いためはり寿司、和歌山ラーメンなどを提供する。まぐろの解体ショーも毎日実施する。

宿泊料金は1泊2食付きのバイキングプランで7,980円から(税込、平日大人4名1室の場合)。予約の受け付けは1月9日午前9時より開始する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「大江戸温泉物語、「大江戸温泉物語 南紀串本」を4月27日にオープン