アイデムコーポレーションは、バス運転手の採用を支援するサービス「バスギアサービス」を1月5日にリリースする。

2017年10月の有効求人倍率は1.55倍と高止まりしており、自動車を運転する職業の有効求人倍率はさらに高い2.78倍と、採用は困難を極めている。日頃からバス運転手の採用支援に関する相談を多く受けていたアイデムコーポレーションでは、バス会社の採用に特化したサービスを開始することで、バス運転手になりたい人やまだ興味を持っていない潜在層へのアプローチを目指す。

バス会社専用の採用ホームページ構築サービス「Bus Gear(バスギア)」と、各社の採用情報を集約したポータルサイト「Bus Gearターミナル」、東京と大阪で年に2回開催する合同説明会の3つのサービスを提供する。

情報提供元:Traicy
記事名:「アイデムコーポレーション、バス運転手の採用に特化したサービス「Bus Gear」をリリース