ニュージーランド航空は、40言語をリアルタイムに翻訳できるGoogleのBluetoothイヤホン「Pixel Buds」の試行を開始した。

多言語に対応できる社員は多くいるものの、必要な言語で対応ができない場合もあるため、翻訳技術を活用してサービスを提供する。これまでにも人工知能(AI)、拡張現実(AR)、ソーシャル・ロボティクスなどの取り組みも行っている。

ニュージーランド航空チーフ・デジタル・オフィサーのアヴィ・ゴラン氏は、「当社はニュージーランド国外30都市に運航しており、お客様がお使いになる言語はさらに多様です。Google「Pixel Buds」を活用すれば、 チェックインや搭乗時のほか、機内においても、スタッフが国際色豊かなお客様と効果的にコミュニケーションを取れるようになるでしょう。ニュージーランド航空とGoogle社はともに、人と技術を製品・サービスの中心に据えています。Google「Pixel Buds」で提供される翻訳技術を、顧客満足度向上に役立てるべく研究できるのは素晴らしいことです。」とコメントしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ニュージーランド航空、40言語を即時翻訳できる「Pixel Buds」の試行開始