東京から名古屋まで行くのは、距離の割に値段が高い。東京〜大阪間であればLCCが飛んでいるので、安いときなら片道3,000円〜4,000円ほどで移動できる。しかし東京〜名古屋間にはLCCが飛んでいないため、そういった格安移動には向いていない。多くの人は新幹線を利用すると思うが、料金は片道で1万円程度かかる。飛行機の場合は、JALもANAも75日前に予約する最安運賃で羽田発が片道6,500円、成田発が片道6,250円となっている。空港まで別途運賃がかかるため、コストと時間的制約を考えるとやはり新幹線に軍杯があがる。バスで移動するのが最も安いが、長時間同じ座席に座っていることが嫌な人や、バス酔いが心配な人もいるだろう。そうなるともう残された手段は在来線しかない。日本全国のJR線が1日乗り放題となる「青春18きっぷ」を使って、東京〜名古屋間をできるだけ「楽」に移動する方法を試してみた。

青春18きっぷとは

青春18きっぷ JR東海の公式サイトによると、日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席及びBRT(バス高速輸送システム)、ならびにJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるきっぷとある。「青春」「18」という名前のイメージから若者限定の切符なのかと思いがちだが、利用するのに年齢制限はない。ただ鈍行列車で長距離を移動することになるので、若者並みの体力や元気さが必要になるだろう。とくに東京〜名古屋間では、通常であれば静岡区間をほぼロングシートのみで移動しなければならない。このときほど静岡の横長さを実感することはないと思う。平成29年冬季発売期間は12月1日~12月31日、利用期間は12月10日~平成30年1月10日で、販売額は5回分で11,850円(1回あたり2,370円)となっている。

青春18きっぷの活用法として有名なのが、「ムーンライトながら」という東京〜大垣間を結ぶ夜行列車を利用する方法だ。しかし乗車中に日付をまたぐため、日付が変わる小田原駅までの切符を別途購入するか(片道1,490円)、2回分の18切符を消費しなければならない。切符を別途購入する方がお得なのだが、その場合は小田原駅で一度改札を出て0時を回ったあとムーンライトながらに乗車しなければならず、名古屋まで約5時間程度の睡眠しか取れないため楽な移動手段とは言えないだろう。そこで今回は別の方法で、比較的快適に東京〜名古屋間を移動するルートを紹介したい。

グリーン車を使い倒せ

グリーン車 ■おすすめダイヤ

東京(15:27)〜沼津(17:45)/毎日運行

東海道線を走るJRの普通列車にはグリーン車の設定があり、青春18きっぷでもグリーン車の料金を支払えば乗車できる。グリーン券は休日や距離に応じて異なっており、料金は以下の表の通りである。

グリーン車料金

(画像はJR東日本公式サイトより引用)

グリーン券を車内で購入すると割高になってしまうので、券売機などで事前に買っておこう。せっかく青春18きっぷを使って料金を安く抑えているのに、余分にお金のかかるグリーン車に乗るのは本末転倒だと思う人もいるかもしれない。しかしグリーン車料金は51km以上はどれだけ乗っても一定であり、東京〜沼津間の距離は東海道線の中でもグリーン車を利用できる最長区間である126.2kmだ。このタイミングでグリーン車を使わずしていつ使うんだ、というほどのコストパフォーマンスである。

グリーン車

座席はリクライニングシートで足元も広々としているので、体感的には新幹線とあまり変わらない。またこのダイヤであれば後のホームライナー浜松3号にうまく接続できるので、途中の熱海等で途中下車する必要がなければ、なるべくこの列車に乗ろう。

ホームライナー浜松3号を使い倒せ

ホームライナー浜松3号 ■おすすめダイヤ

沼津(18:31)〜浜松(20:10/20:12、乗り換え不要)〜豊橋(20:46)/毎日運行

次に乗るのはホームライナー浜松3号だ。この列車は全席指定で、グリーン車より若干足元は狭いがリクライニングシートとなっている。ホームの券売機で買っても車内で買っても指定席券は320円。この列車も指定席券を購入すれば青春18きっぷで乗車できる。

沼津駅の桃中軒

午後5時45分に沼津に到着したら、まず沼津駅で駅弁を購入するのがおすすめだ。ホームライナー浜松3号の座席にはテーブルがあるので、駅弁とビールを買って車内で食べれば一気に旅感が増してくる。駅ビルのスーパーにはお惣菜やお弁当が売られているが、ここはぜひ1891年創業の老舗「桃中軒」のお弁当をゲットしたい。桃中軒の駅弁は駅ホームのほか、南口改札を出たところでも購入できる。

桃中軒の駅弁

筆者は限定物に弱いので、静岡限定ビールも勢いで購入してしまった。出発まで若干余裕があるので、沼津の街をふらふらしてみるのも良いかもしれない。このダイヤの列車は浜松駅でそのまま豊橋行きの普通電車に変わるので、浜松での乗り換えは不要だ。先ほどの東京〜沼津間のグリーン車と同じく、この列車も東海道線を走るホームライナーでは最長区間であり、最もお得なダイヤといえる。

あとは名古屋まで普通列車に乗るだけ

JR普通列車 ■おすすめダイヤ

豊橋(20:49)〜名古屋(21:43)/毎日運行

ここまでの行程で乗り換えは沼津での一回のみ、全てリクライニングシートで豊橋まで来ることができた。ここまで来ればあとは裏技等はなく、ただただ名古屋まで乗るだけである。

さいごに

東京から名古屋まで行く途中で乗り換えたのは沼津と豊橋での2回のみ。しかも豊橋駅までは全てリクライニングシートで移動できた。乗車時間の合計は5時間25分で、そのうち通常車両に乗ったのは最後の54分だけなので、リクライニングシート率は全体の約83%である。料金は青春18きっぷ一回分の2,370円+グリーン車券780円(平日は980円)+ホームライナー指定席券320円の合計3,470円。新幹線や飛行機に比べて圧倒的に時間はかかるが、この行程であれば料金を安く抑えながらも楽な移動ができ、かつ旅をしている気分にもなれる。今回利用したダイヤは休日平日関わらず毎日運行されているので、青春18きっぷを使って東京〜名古屋間を移動する際には参考にしてみてはいかがだろうか。

情報提供元:Traicy
記事名:「乗り心地はほぼ新幹線? 青春18きっぷで東京〜名古屋間を移動する神ルートはこれだ