スカイマークとソフトバンクは、VR(仮想現実、バーチャルリアリティー)技術を活用した映像コンテンツによる研修効果を検証する。

VR映像の活用により、普段あまり体験することのない状況を仮想体験することができるため、より具体的なイメージを持つことができるとしている。360度の VR映像を従来の研修・訓練などに導入することで、技能向上や知識習得などに有効活用が期待できることから、ソフトバンクとスカイマークはVR映像を活用できる研修や訓練などの項目とコンテンツの検討を進めていく。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「スカイマークとソフトバンク、VR活用し研修効果を検証