良品計画は、中国・深センに2018年1月18日に開業する「MUJI HOTEL SHENZHEN(ムジホテルシンセン)」の詳細を発表した。

総合商業施設「深業上城(UpperHills)」内に位置し、2階にレセプション、2階と3階は無印良品の店舗、4階から6階部分が客室となる。建物内の壁面や中庭には、中国国内の古い家屋の柱材や壁材、切れ端等の古材を再利用し客室数は79室で、5つのタイプを設ける。

客室面積はダブルルームは26平方メートルから61平方メートル、ツインルームは32平方メートルから46平方メートル。宿泊料金は1人あたり950中国元(約16,400円)から。朝食、サービス料、諸税が含まれている。客室内には歯ブラシ、歯磨き粉、シャワーキャップ、コットン、綿棒、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ハンドソープ、冷蔵庫、金庫、電気ケトル、ドライヤー、壁掛けCDプレーヤー、Wi-Fiを備える。

3階に設けるレストランの「MUJI Diner」は、世界各地の家庭料理をヒントにした食事を提供する。営業時間は午前6時から午後11時まで(金・土曜は午前0時まで)で、モーニングからバータイムまで利用できる。

ライブラリーの「MUJI BOOKS」やジム、70平方メートルから130平方メートルまでの会議室3室も備える。

チェックインは午後2時、チェックアウトは正午。運営は深業上城の開発会社である深業グループの深セン深業酒店管理が行う。

情報提供元:Traicy
記事名:「無印良品のホテル「MUJI HOTEL SHENZHEN」の詳細発表 1泊約16,400円から