中国国際航空と北京首都国際空港は12月26日に中国・北京で開催されたスターアライアンス社長会において、同空港の乗り継ぎの利便性の強化と利用客へのサービス向上のために緊密に協力することに合意し、覚書に署名した。

同空港においてすべてのスターアライアンス加盟航空会社を同じ空港ターミナル内へ配置できるよう協力する。これにより、空港外チェックイン、ファースト・バッグドロップ、セルフタグ付けなど空港での自動化への取り組みや、乗り継ぎサービスの改善を行うことが可能になる。

同空港の張偉副社長は「スターアライアンスのコミットメントを得たことにより、当空港にて顧客サービスの向上を共同で実現するために必要な資源(施設など)を確保することができます」としている。

同空港に就航しているスターアライアンス加盟航空会社は、中国国際航空のほか、全日空(ANA)、エアカナダ、アシアナ航空、オーストリア航空、エジプト航空、エチオピア航空、エバー航空、LOTポーランド航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、スカンジナビア航空、深セン航空、シンガポール航空、スイス・インターナショナル・エアラインズ、ターキッシュエアラインズ、タイ国際航空、ユナイテッド航空の計17社。

情報提供元:Traicy
記事名:「中国国際航空と北京首都空港、スターアライアンスとの協力合意書に署名 サービス大幅向上めざす