ANA FESTAは、D&Nコンフェクショナリーと共同開発した「焼マシュマロ・タルト スモア(S’MORE)」の第2弾として、「焼マシュマロ・タルト スモア バナナ味」を12月22日より発売を開始した。

キャンプなどでマシュマロを焼き、チョコレートとグラハムクラッカーなどでサンドして食べる、アメリカで人気のスイーツ「スモア」をモチーフとし、開発に約8ヶ月かけて完成させた商品で、今年3月より販売を開始。羽田空港と成田空港のANA FESTAで販売している。

第2弾となるのはバナナ味で、ANA FESTAと同じ全日空商事グループのANAフーズは日本有数のバナナの輸入販売会社であり、取り扱うエクアドルの標高約300メートルの土地で、日本人の田辺正裕氏が安全・安心への徹底したこだわりと環境に配慮して栽培している「田辺農園バナナ」を原料とし、バナナをフリーズドライにして微粉砕した粉末を贅沢に使用した。

価格は6個入り1,000円(税別)。賞味期限は常温保存で45日間。

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA FESTA、羽田・成田空港限定の「スモア」第2弾 バナナ味を新発売