マイボイスコムは、9月1日から5日にかけて実施した4回目となる、旅行に関するインターネット調査の調査結果を発表した。

直近3年間に旅行に行った人は7割強、「国内旅行・1泊」が50.7%、「国内旅行・日帰り」「国内旅行・2泊」が3割から4割で、20代男性では、旅行に行っていない人が4割弱と他の年代より高いことがわかった。

直近3年間の国内旅行経験者が最も印象に残った旅行の目的は、「温泉」「自然名所観光」「歴史名所旧跡観光」「グルメ、食べ歩き」「家族旅行、家族との親睦」がそれぞれ3割から4割となり、「温泉」「家族旅行、家族との親睦」は、高年代層で比率が高い。20代と30代女性では、「グルメ、食べ歩き」「温泉」「レジャー施設」が上位3位となった。

また、プライベートで海外旅行に行ったことがある人は7割弱、男性20代では3割、女性20代では5割、男性50代以上や女性40代以上では7割から8割となっており、回数は「6回以上」「3~5回」がそれぞれ2割だった。

海外旅行に行きたい人は63.4%で、2014年と比べて減少。海外旅行に行きたい人は、直近3年間に海外旅行に行った人では9割強、直近3年間に国内・海外旅行に行っていない人では4割強だった。

旅行に期待すること・魅力についても調査したところ「一つは目的があった方が良い。後は野となれ山となれ。(男性57歳)」といった声や「普段触れることの出来ない歴史などに触れる事が出来るのが魅力。(女性19歳)」といった声があがった。

情報提供元:Traicy
記事名:「20代男性、直近3年間に旅行に行っていない人多く マイボイスコム調査