キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空は、「スマートバッグ」に関する新たな規定を2018年1月1日より導入する。

スマートバッグは、携帯用電子機器類の充電やキャスター付きの自走式キャリーバッグに動力を送ることができるカバン。リチウムイオン電池の取り外しができないスマートバッグは2018年1月1日以降、キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空の機内への持ち込むことや受託手荷物として預け入れることはできなくなる。取り外したリチウムイオン電池は、機内持ち込み手荷物として機内に持ち込む必要がある。

新たに導入する規定は、国際航空運送協会(IATA)のガイドラインに沿ったもので、安全管理とリスク軽減のために世界各国の主要航空会社も同様の措置を取っているとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空、スマートバッグで新たな規定導入