まもなくクリスマスですね!日本はクリスマスこそ祝日ではありませんが、お正月休みを控え、早めに海外へ脱出、なんていう人もちらほら出始める頃でしょうか。

年末年始のまとまったお休みを使って欧州へ旅行に出るのも一つのアイデアでしょう。現地は「日が短くて寒い」という欠点はありますが、オフシーズンで足も宿も安め、クリスマスマーケットやイルミネーションを見物するという楽しみがあります。

ところが、意外なところに落とし穴が。日本人訪問客も多い英国のロンドンではクリスマス当日(12月25日)、ありとあらゆる公共交通が運休となります。市内を普段走り回っている2階建てバスや地下鉄はもとより、国鉄に当たるナショナルレール全線もストップ。つまりこの日は「国民みんなでお休みしようね」という日なのです。

空港特急も例外なく運休

ロンドンの市内交通が運行されていないクリスマス当日は、例えば日本からヒースロー空港に降り立っても市内への公共の足はありません。普段ならヒースロー空港と市内中心部との間は「ヒースロー・エクスプレス」というノンストップ特急がわずか15分で結んでいますが、2017年の場合、クリスマス当日どころか「12月23〜27日の間は運休」と旅行者泣かせの方針を打ち出しています。

「慣れない外国に行くんだから、空港からはいつもタクシー。公共交通のあるなしなんて関係ないわ!」という人もいることでしょう。しかし12月25日は減便こそあれ、ヒースロー空港を発着する飛行機はそこそこたくさん飛んでいます。なのに交通機関が止まっているわけなので、人々は当然タクシーの列に並びます。とてもとても寒い冬のロンドンで、相当長い時間タクシーを待つのは苦行です。

クリスマスのタクシーは「正当にボッて良い?」

さらに困ったローカルルールがあります。「タクシーの運転手さんは、みんなが休んでいる日の働いているんだから、お客から割増運賃を取るのは正当」と、クリスマス特別料金を乗せて請求することをロンドン市役所が正式に認めています。

仮にタクシーにヒースローから市内中心部のホテルまで行ったら、100〜150ポンド(約15,500〜23,000円)ととんでもない金額が請求されます。普段、地下鉄で市内中心部に行ったらせいぜい1,000円くらい、ヒースロー・エクスプレスでも2,500円ほどですからその追加支出はとても痛い! 航空券を買う際、「どのフライトが安いのか。この数千円の差はどうなのか」と悩んだ努力が、一瞬にして余分なタクシー代という形で消え去る訳です。

12月25日着は妙に安い?

その年ごとの曜日の並びにもよりますが、ある時期まで12月25日のロンドン着の便は前後の日と比べて妙に安いことがあります。理由はシンプルで「空港に着いても市内交通がない」ため。

チケット発券の習慣で、中東経由便やアジア各社の便などロンドンから先の乗り継ぎ便を組むのが難しい(つまりほとんどの乗客がロンドンで降りる)便こそそういう傾向が強いようです。「あっ、この日安いから買おう」と飛びつくと、後でとんでもないタクシー代という支出が待っています。

公共交通でボーナスも?

クリスマスに思いっきり休むロンドンですが、その一方で大晦日の夜から早朝にかけ、交通局が運営する地下鉄とバスは全て無料!という大盤振る舞いもあります。もっとも時間的には大晦日の午後11時45分から元旦の午前4時30分までと限定的なサービスですが、年越しの花火大会などを楽しんだ数十万人の人々がドンチャン騒ぎの後、自宅に戻る足はとにかく無料、というしきたりはなんとも「太っ腹」と言えましょう。

なお、大晦日に交通機関が無料、というサービスはフランスのパリでも行われています。こうした思い切ったサービスが全世界に広がるといいですね。

欧州はとかくクリスマスを盛大に祝います。ロンドンのみならず、欧州各地で交通の減便や美術館・博物館の臨時閉館、お店の早仕舞いなど、さまざまな「クリスマス対応」が行われます。「〇〇に行くために欧州に飛んだのに、クリスマスで休みだった…。」といったトホホな旅行にならないよう、事前の調査はしっかり行ってから渡航されることをお勧めします。

情報提供元:Traicy
記事名:「クリスマスのロンドン着航空券が妙に安いワケ 公共交通機関が休みで路頭に迷う?【さかいもとみの旅力養成講座】