カカクコムは、高速バスの価格比較サービスなどを展開しているLCLの全株式を取得し、連結子会社化することを決めた。

カカクコムが運営する価格比較領域のコンテンツ強化や旅行事業との連携、営業人員やマーケティングノウハウの共有を行うことで、シナジー効果が期待できるとしている。LCLが運営する「夜行バス比較なび」の利用者のうち48%が20代の若年層で、女性比率も70%を超えており、顧客基盤の強化が見込めるという。

LCLの資本金は5,000万円、直近会計年度となる平成28年12月期の売上高は6億6813万6000円、営業利益は2億2507万3000円、当期純利益は1億5933万9000円。株式の取得価額は非公表。

情報提供元:Traicy
記事名:「カカクコム、「夜行バス比較なび」など運営のLCLを連結子会社化