全日本空輸(ANA)は2018年4月1日より、国内線の機内Wi-Fiサービス「ANA Wi−Fi Service」でインターネットを無料で提供する。

対象となるのは、ボーイング777型機、ボーイング787型機、ボーイング767型機、ボーイング737-800型機、エアバスA321型機の対応機材で、ボーイング737-500型機、ボーイング737-700型機、エアバスA320型機、DHC8-Q400型機、国際線機材運航便は対象外となる。

また、機内Wi-Fiで提供しているエンターテインメントも拡充し、人気ドラマやバラエティ番組やオーディオコンテンツを100コンテンツ以上に増やす。さらにボーイング777型機とボーイング787型機にもシートモニター、USBポート、電源の装備を2019年下期以降に展開していく。

ANAでは2018年度末までに、約100機で「ANA Wi−Fi Service」の提供を行う。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ANA、国内線機内インターネットを無料に 来年4月から