東京メトロはきょう12月17日、銀座線1000系特別車両を使用した“地下鉄開通90周年記念イベント「TOKYO METRO 90 Days FES!」スペシャル企画『銀座線タイムスリップ』”を実施した。

ツアーは事前応募制で、応募総数4,090人の中から抽選で選ばれた90人が、銀座線車両基地の上野検車区から乗車した。運転士や車掌は開通当時のデザインの復刻制服を纏い、乗務交代後は、参加者との記念撮影にも応じていた。

今回のツアーでは、かつての銀座線では名物だった予備灯点灯の様子を初めて再現。浅草駅~渋谷駅間の計14か所、往年と同じタイミングで車内照明が切れ、予備灯で車内が薄明るく照らされると、参加者はしきりにシャッターを切っていた。

また、遺構として残る旧萬世橋駅や旧神宮前駅を通過する際には徐行運転が実施された。車窓に旧駅が現れたのは一瞬だったものの、参加者は駅名標が今も残っていることに驚きの声を上げるなど、約2時間のタイムスリップツアーを楽しんでいた。

追ってフォトレポートを配信する。

情報提供元:Traicy
記事名:「東京メトロ、往年の銀座線再現の1000系特別車両ツアー実施 「名物」予備灯点灯も