JR東海は、東海道新幹線N700A車両における車内防犯カメラ増設工事について、保有する全118編成への増設が12月14日に完了すると発表した。

同社では新幹線車内でのセキュリティ向上のため、2016年4月から客室内およびデッキ通路部への防犯カメラ増設工事に着手。当初は2019年度末の工事完了を予定していたが、作業方法の見直しなどにより完了時期を前倒しした。工事完了により、同社が保有する新幹線車両全133編成のうち、700系車両を除く約9割の編成に車内防犯カメラが設置される。また、2019年度末に700系車両が引退することにより、2020年度初めには同社が保有する新幹線車両全編成に車内防犯カメラが設置されることになる。

同社によると、車内防犯カメラの増設により、犯罪や不審行為の抑止力向上や事象発生時における新幹線車内の状況把握および対応の迅速化に効果が期待できるとしている。

■関連記事 九州新幹線800系に防犯カメラ設置へ 2020年度までに全編成で 山陽・九州新幹線客室内に防犯カメラ設置へ 2020年度までにN700系全19編成で 東海道・山陽新幹線客室内で防犯カメラ常時録画を開始 放火事件受け

情報提供元:Traicy
記事名:「JR東海、東海道新幹線N700A全編成への車内防犯カメラ増設完了