エアバスは、エアバスA330-800neoの最終組立を開始した。

エアバスA330neoファミリー2機種のうち小さい機種で、最大離陸重量は242トン、飛行距離は7,500海里。A330-200型機を基に設計している。エアバスA350型機と同様の大型の翼と湾曲した翼端のシャークレットを備える。より大型のエアバスA330-900neoと99%の共通性を持ち、「250人乗り航空機市場にこれまでにない経済性と快適性をもたらす」としている。

2018年半ばにも初飛行を予定している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エアバスA330-800neoの最終組立開始 来年半ばに初飛行へ