ルフトハンザ・ドイツ航空は12月1日より、東京/羽田〜ミュンヘン線にエアバスA350-900型機の投入を開始した。

ルフトハンザ・ドイツ航空のエアバスA350-900型機は、ビジネスクラス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミークラス224席の計293席を配置している。搭乗前に「Lufthansa Companion App」アプリからエンターテインメントプログラムを選択し、お気に入りアイテムをプレイリストに追加することで、機内でプレイリストを同期して楽しむことができる機能も提供する。世界で初となる、最適な照明を最適な時間に提供し、利用者の昼夜の生体リズムに合わせるよう設計された照明も導入した。

東京/羽田〜ミュンヘン線へのエアバスA350-900型機の投入に先立ち、新たな機材を導入した。これによりミュンヘンに配置したエアバスA350-900型機は最大6機となり、北京、香港、ボストン、デリー、ムンバイを結ぶことになる。今後ルフトハンザ・ドイツ航空ではエアバスA350-900型機を25機導入する。

これに伴い、エアバスA340-600型機の投入は12月1日東京/羽田発をもって終了し、ファーストクラスの提供も終えた。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「ルフトハンザ、東京/羽田〜ミュンヘン線にエアバスA350型機投入開始 エアバスA340-600型機置き換え