アメリカン航空

アメリカン航空は、12月のフライトを予定通り運航することを明らかにした。

システムエラーによりパイロットに休暇を与えすぎたため、12月に運航する予定の20万便の多くでパイロットの確保に難航していることを明らかにしていた。ダラスに本部を置くアメリカ最大の独立系労働組合、Allied Pilots Associationとの交渉に合意し、アメリカン航空は追加給与を支払うことで計画通りに運航することができるようになった。

アメリカン航空では、「15,000人のプロの操縦士に感謝する。」との声明を発表している。

■関連記事 アメリカン航空、パイロットに休暇を与え過ぎて運航に影響の可能性 詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカン航空、ホリデーシーズンの欠航回避 パイロット労働組合と合意