タイガーエア・台湾は日本線6路線を対象に、2018年夏ダイヤの航空券の発売を開始したことを記念したセールを、12月5日午前11時から6日まで開催する。

片道運賃は沖縄/那覇〜台北/桃園線は4,100円から、名古屋/中部〜台北/桃園線は4,400円から、大阪/関西〜台北/桃園・高雄線は4,800円から、仙台・函館〜台北/桃園線は5,500円から。空港使用料、諸税、支払手数料は別途必要となる。搭乗期間は2018年3月25日から10月27日まで。プロモーションコード「ITSUMMER」の入力で10%割引となる。

タイガーエア・台湾は2014年9月26日に台北/桃園~シンガポール線で運航を開始。日本には2015年4月2日に東京/成田~台北/桃園線で初就航し、現在では東京/成田・東京/羽田・大阪/関西・名古屋/中部・福岡・函館・仙台・岡山・沖縄/那覇に就航している。12月18日には福岡~高雄線、2018年1月18日には小松〜台北/桃園線の運航を開始する。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「タイガーエア・台湾、日本線6路線でセール 夏ダイヤ発売開始で