アメリカン航空

アメリカン航空は、リチウムイオン電池が内蔵されたスマートバッグの預け入れを、2018年1月15日から禁止する。

貨物室での発火の可能性があるためで、安全管理とリスク軽減のためにアメリカン航空では独自にバッグを分析した。同日以降はリチウムイオン電池が外すことができればバッグを預け入れることができる。アメリカ連邦航空局(FAA)の規則に従うことで、機内に持ち込むことは従来通りできる。

スマートバッグはリチウムイオン電池を内蔵し、GPS、Wi-Fi、Bluetooth、REID、電子手荷物タグ、電子ロック、自走装置などの機能を備えている。この数ヶ月で人気となり、今年のホリデーシーズンに人気がある贈り物になることが想定されているという。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカン航空、リチウムイオン電池の取り外しができないスマートバッグの預け入れ禁止 来年1月15日から