アメリカン航空

アメリカン航空は現地時間11月30日、12月に運航予定の20万便のうち、パイロットを割り当てられたフライトが数百便に留まっていることを明らかにした。

ブルームバーグなどの報道によれば社内システムのエラーにより、パイロットに休暇を与えすぎたことが原因で、アメリカン航空は声明で、一度与えられた休暇を返上し勤務に当たるパイロットが増えたことや予備のパイロットが通常の月よりも多くいることなどから、影響便は減少する見通しとした。ダラスに本部を置くアメリカ最大の独立系労働組合、Allied Pilots Associationでは数千便でパイロットの割り当てができていないとしている。

アメリカン航空では12月に運航予定の便の欠航はまだ発表しておらず、引き続きパイロットの確保のため努力するとしている。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「アメリカン航空、パイロットに休暇を与え過ぎて運航に影響の可能性