日本MGMリゾーツは、大阪府が誘致を進めている「2025 日本万国博覧会誘致委員会」のオフィシャル・パートナーとして協賛する。

MGMリゾーツ・インターナショナルのジェームス・J・ムーレン会長兼最高経営責任者は、「大阪は1600年の歴史と伝統と、最先端のテクノロジーが共生する世界でも特別な都市であり、日本、アジア太平洋地域全体において経済と文化の発展を率いるリーダーの役割を担っています。私は、これまで何度も大阪と関西を訪れ、“やってみなはれ”精神の薫陶を受けて参りました。この“やってみなはれ”という商人の気骨こそ、今も昔も関西の活気とチャレンジ精神の源泉だと感じています。だからこそ、この街での万国開催は『OSAKA, KANSAI EXPO2025』のテーマにも謳われているように、私たち人類の<未来>に比類なき貢献をもたらすものであると確信していします。この素晴らしい取り組みにオフィシャル・スポンサーとして関われることは、MGM リゾーツ・インターナショナルにとって何よりも光栄なことであり、大阪と関西の招致活動を世界中でサポートさせていただきたいと考えています。」とコメントしている。

MGMリゾーツ・インターナショナルは、2014年12月に日本市場への参入を目指し、日本MGMリゾーツを設立。MGMリゾーツは大阪にも日本MGMリゾーツ西日本を設立している。

情報提供元:Traicy
記事名:「日本MGMリゾーツ、2025年大阪万博誘致のオフィシャルパートナーとして協賛