春秋航空日本は、安全上のトラブルなどでパイロット全体の20%にあたる10人を乗務停止としたとの報道に対し、お詫びを発表した。

社員が一丸となり「安全は社会との約束であり最優先課題」との業務姿勢を再認識し、安全運航に努めるとしている。NHKによると、5月にフラップの準備ができていないまま離陸をしようとした機長と副操縦士や、10月に飛行計画所が誤っていることに気づかないまま離陸した機長などが含まれているという。

春秋航空日本では、春秋航空日本では降雪時の除雪手順の見直しに時間を要しているとして、東京/成田〜札幌/千歳線を11月25日から12月6日まで欠航すると発表するなど、トラブルが相次いでいる。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「春秋航空日本、パイロット10人が乗務停止との報道にお詫び発表