AIRDO(エア・ドゥ)は2018年12月20日に就航20周年を迎えるにあたり、「就航20周年アニバーサリーYear」としてロゴマークとタグラインを制定し、周年事業を展開する。

全13機のドア横に「就航20周年」と「北海道命名150年」のロゴマークを掲出する。就航20周年のロゴマークは「20」を吹き抜けるコーポレートカラーで、明るい未来への風をイメージした。タグライン「叶える翼に。」は「北海道の皆様とともに夢を叶える」という創業の想いを大切にしつつ、「将来に向けて新たな価値を生み出していく」決意を込めて制定した。周年事業の展開は、詳細が決まり次第発表する。

エア・ドゥは35年ぶりの新規航空会社として1998年12月に、東京/羽田〜札幌/千歳線の運航を開始。現在は札幌/千歳、旭川、女満別、釧路、帯広、函館、仙台、東京/羽田、名古屋/中部、神戸、岡山の11空港に就航している。

詳細はこちら

情報提供元:Traicy
記事名:「エア・ドゥ、就航20周年でロゴマークとタグラインを制定 全機に掲出